忍者ブログ
弔電
本研究会初代会長安田二郎先生の御逝去に伴い、中国魏晋南北朝史学会より弔電をいただきましたので、ご紹介いたします。

唁 电

安田二郎先生治丧委员会:

惊悉安田二郎先生逝世,噩耗传来,痛彻心肺。
安田先生是日本著名六朝史研究者,尤长于六朝政治史研究,对六朝时期一系列重要政治问题都提出了极具意义的学术论断,成就卓著,久为海内外学界推崇。安田先生重视对文献史料进行彻底分析,关注史料撰述背后的政治意图,在研究方法上也富有启示。安田先生长期任教于东北大学,培养了一批成就斐然的六朝史研究者,为东北大学成为日本六朝史研究的重镇做出了杰出贡献。安田先生为日本魏晋南北朝史学会前任会长,与中国魏晋南北朝史学会建立了密切的学术交流,组织各项学术活动,为中、日魏晋南北朝史研究的交流和发展做出了重大贡献。
值此学界同悼之际,我们谨代表中国魏晋南北朝史学会全体同仁,对安田二郎先生的去世表示沉痛哀悼,对先生的家属表示诚挚慰问!
安田二郎先生永远活在我们心中!

中国魏晋南北朝史学会会长:
楼劲
中国魏晋南北朝史学会副会长:
王欣 章义和 尚永琪 张学锋、魏斌、张荣强、范兆飞
中国魏晋南北朝史学会秘书长:
戴卫红

二〇一八年二月一日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(日本語訳)
弔電

安田二郎先生葬儀委員会御中:

 安田二郎先生の御逝去にただ驚いております。訃報を受け取り、心のそこから悲しんでおります。
 安田先生は日本の著名な六朝史研究者であり、特に六朝政治史研究に長じ、六朝時期の一連の重要な政治史上の問題すべてに対して、極めて意義のある学術的判断を提出されました。その学術成果は卓越しており、久しく国内外の学会の尊敬を集めておられます。安田先生は文献史料に対して徹底的な分析を行なうことを重視し、史料著述の背後にある政治的意図に注意を払い、研究方法の面で斯界に豊富な啓発を与えてくださいました。安田先生は長期にわたって東北大学で教鞭を執られ、極めて優れた業績を持つ複数の六朝史研究者を育成され、東北大学が日本における六朝史研究の重鎮となる上で傑出した貢献を成されました。また、安田先生は日本魏晋南北朝史学会の元会長として、中国魏晋南北朝史学会との間に密切な学術交流を築き、各種の学術活動を組織され、中日の魏晋南北朝史研究の交流と発展に重大な貢献を果たされました。
 学界が等しく悼みしのぶこの時にあたって、私たちは中国魏晋南北朝史学会のメンバー全員を代表して、謹んで安田二郎先生の逝去に対して沈痛な哀悼の意を表し、先生の御遺族に対して心よりお悔やみ申し上げます。
 安田二郎先生は永遠に私たちの心の中で生き続けるでしょう。

中国魏晋南北朝史学会会長:
楼勁
中国魏晋南北朝史学会副会長:
王欣 章義和 尚永琪 張学鋒、魏斌、張栄強、范兆飛
中国魏晋南北朝史学会秘書長:
戴衛紅

二〇一八年二月一日
PR

2018/02/03 17:13 | 報告
訃報
本研究会初代会長の安田二郎先生が2018 年 1 月30 日に逝去されました。
ここに生前のご厚恩に深く感謝いたしますとともに、謹んでお知らせいたします。

2018/01/31 21:35 | 報告
2006年10月5日の記事(前サイトより)

第6回魏晋南北朝史研究会大会開催報告

第6回魏晋南北朝史研究会大会は去る9月16日に開催され、予定された報告、会員総会の行事を終えました。
  1.小尾副会長の開会の挨拶
  2.外国からのゲストの紹介
     王素氏 :中国故宮博物院
     宋少華氏:長沙市簡牘博物館館長
     羅新氏 :北京大学
     朴漢済氏:ソウル大学校
  3.報告
     田中靖彦氏「『世説新語』に見る三国観」
       コメンテーター:福原啓郎氏
     津田資久氏「符瑞『張掖郡玄石図』と司馬懿の台頭」
       コメンテーター:永田拓治氏
     川合 安氏「史学の興隆と南朝貴族社会」
       コメンテーター:小林聡氏
  4.総会
     会計報告と会計監査報告
     次期役員選出
      中村圭爾氏を次期会長に選出。
      2年任期の幹事(複数)の選出も行ったが、副会長は新会長の委嘱に委ねることになったので、、全陣容は、今秋会員に配布される正規の報告書に記載することとし、ここでは省略します。
  5.窪添会長による閉会の挨拶
 
 全日程終了後、お茶大の学生食堂で懇親会を開催しました。
 大会への参加者は、会員、新会員で70名。ゲストおよび通訳者を含めると76名に達し、盛会でありました。懇親会の参加者はゲスト、通訳を除き51名で、ここも大いに盛り上がりました。      


2007/03/29 10:45 | TrackBack(0) | 報告

| HOME |
忍者ブログ[PR]