忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/15 04:01 |
2006年10月5日の記事(前サイトより)

第6回魏晋南北朝史研究会大会開催報告

第6回魏晋南北朝史研究会大会は去る9月16日に開催され、予定された報告、会員総会の行事を終えました。
  1.小尾副会長の開会の挨拶
  2.外国からのゲストの紹介
     王素氏 :中国故宮博物院
     宋少華氏:長沙市簡牘博物館館長
     羅新氏 :北京大学
     朴漢済氏:ソウル大学校
  3.報告
     田中靖彦氏「『世説新語』に見る三国観」
       コメンテーター:福原啓郎氏
     津田資久氏「符瑞『張掖郡玄石図』と司馬懿の台頭」
       コメンテーター:永田拓治氏
     川合 安氏「史学の興隆と南朝貴族社会」
       コメンテーター:小林聡氏
  4.総会
     会計報告と会計監査報告
     次期役員選出
      中村圭爾氏を次期会長に選出。
      2年任期の幹事(複数)の選出も行ったが、副会長は新会長の委嘱に委ねることになったので、、全陣容は、今秋会員に配布される正規の報告書に記載することとし、ここでは省略します。
  5.窪添会長による閉会の挨拶
 
 全日程終了後、お茶大の学生食堂で懇親会を開催しました。
 大会への参加者は、会員、新会員で70名。ゲストおよび通訳者を含めると76名に達し、盛会でありました。懇親会の参加者はゲスト、通訳を除き51名で、ここも大いに盛り上がりました。      

PR

2007/03/29 10:45 | TrackBack(0) | 報告

| HOME |
忍者ブログ[PR]