忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/21 20:53 |
国際研究集会「魏晋南北朝の主要都城と都城圏社会」(12月6日)のご案内
阪南大学の永田拓治先生より
12月6日(土)に開催される国際研究集会のお知らせをいただきました。




日時:2014年12月6日(土) 午前10時~午後6時(開場9時30分)
(入場無料、事前申込不要)

会場:阪南大学本キャンパス50周年記念館3階会議室
大阪府松原市天美東5-4-33(近鉄南大阪線あべの橋から河内天美駅下車徒歩6分)


プログラム(予定)

≪午前の部≫

10時    開会の辞・趣旨説明 中村圭爾(相愛大学)
     「魏晋南北朝時期「都城圏」社会研究の意図」

10時20分 講演1 王小蒙(陝西省考古研究院副院長)
     「秦~唐以長安為中心的都城建材」

11時  報告1 陳力(阪南大学)
     「従漢長安城到茂陵邑」

11時40分 講演2 周科華(四川省文物考古研究院副院長)
     「魏晋南北朝時期的四川墓葬考古」

12時20分~1時20分 休憩

≪午後の部≫

1時20分 講演3 劉濤(中国社会科学院考古研究所)
     「漢魏洛陽城近年来的考古収獲」

2時   報告2 佐川英治(東京大学)
     「後漢~北魏における洛陽の人口集中と都市空間

2時40分  報告3 小尾孝夫(大手前大学)
     「建康の性格と都城圏の形成」

3時20分  講演4 張学鋒(南京大学)
     「六朝建康都城圏的東方―破崗瀆的探討為中心」

4時~4時20分 休憩

4時20分  総合討論(司会 永田拓治(阪南大学))
     批評1 塩沢裕仁(法政大学)
     批評2 未定

6時    閉会


終了後、情報交換会を予定していますので、奮ってご参加下さい。


主催:平成26年度科学研究費補助金基盤研究(B)「魏晋南北朝時期主要都城の「都城圏」社会に関する地域史的研究」プロジェクト(研究代表者中村圭爾)
PR

2014/11/16 13:00 | 開催案内

<<講演会のご案内(4月23日) | HOME | 第八届中国中古史青年学者国際会議>>
忍者ブログ[PR]