忍者ブログ
東洋史研究会2009年度大会

日 時:2009年11月3日(火),午前9時~

会 場:京都大学文学部新館第3会議室(2階)

参加費:500円(資料・要旨代を含む)

講 演:

 [午前の部]

 保科季子氏「秦漢時代における名数の移転」

 橘  誠氏「一九一三年の露中宣言とモンゴルの政治的地位」

 川合 安氏「南朝の新興貴族」

 岡村秀典氏「前漢鏡とその銘文」

 [午後の部]

 仁子寿晴氏「初期イスラーム哲学における二つの形而上学―哲学構築と発出論の論理構成―」

 春田晴郎氏「アルシャク朝パルティア政治史上の諸問題」

 小泉順子氏「シャム近代化論の再考―チャクリー改革期における対外関係史の視点から―」

 臼井佐知子氏「中国清代社会における各構成体機能の地域比較―訴訟関係文書を資料として―」

 小林善文氏「現代中国における陶行知教育思想の継承と展開」

 森安孝夫氏「中央アジア出土古ウイグル手紙文書の書式研究・序説」

連絡先:東洋史研究会(京都市左京区吉田本町,京都大学文学部気付/075-753-2790)

提 供:關尾史郎(新潟大学)

PR

2009/10/12 20:49 | TrackBack(0) | 開催案内

トラックバック

トラックバックURL:

<<史学会第107回大会 | HOME | 特別公開講義(明治大学)>>
忍者ブログ[PR]